2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

理系も仕事がない

僕とニーさんは新橋SL広場で待ち合わせ焼き鳥屋に入った。



おいしい焼き鳥をほおばるLEO(・∀・)<ウメェー



お互いの近況を報告したところで、ニーさんが

今の日本のIT業界の景気


について話してくれた。
要約すると以下の通り。

・仕事がほとんどない
・専門的かつ高度な技術が必要な仕事はある
・短期の仕事しかない
・今までの不景気とレベルが違う




仕事がほとんどない

1年前の今頃は仕事がまったくなかったが最近はようやくちらほら仕事がでてきている。
しかし2年前と比べたら比較にならないほどその案件は少ない(;つД`)

専門的かつ高度な技術が必要な仕事はある

「DSPのA/Dのチューニングができる人募集」のような特定の専門分野の案件は結構あるそうだ。
しかし、求められるスキルがかなりマニアック&高度な知識を求められるのでなかなかこういった求人は埋まらない傾向にある。

短期の仕事しかない

長期で安定した仕事がない。
そんな仕事があっても大手に取られてしまう_| ̄|○<トラナイデ

今までの不景気とレベルが違う
ニーさんは1990年代後半と2002年の不況を経験したが今回の不況はそれとは性質が違うらしい。
昨年の不況から1年経っているにもかかわらず、景気の回復速度が遅すぎるのである。
前回までの不況と同じ性質のものであれば市場が落ち着きを取り戻せば仕事も増えるのだが、今回はそれが増えていない。




ニーさんからこれらの話を聞いてLEOは愕然としました(;・∀・)<マジッスカ
僕は日本でのIT業界をもっと楽観的に考えていましたからね。

もしタイで失敗しても日本でやっていけるしぃ~♪

ウン、こんな感じw
すごい軽いでしょw




話を戻して現在日本のIT業界で起きているもっとも深刻な事・・・・・
それは・・・・・


開発工数単価の叩き売り(゚Д゚;)





大手も仕事がないので単価を下げて仕事を取ってきている状態になっています。
大手が赤字覚悟で単価を下げているので、体力のない中小はバッタッバッタン倒れています(;つД`)<モウムリポ

大手の参入が単価下落に拍車をかけているのです(;つД`)



現在IT業界では開発単価がかなり下がってきています。
そうすると何が起こるのか?


次回「危機迫る日本のIT業界」






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト

| 日本の将来 | 00:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |