2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

未成年に告ぐシリーズ(目指せ大学編)

LEOは将来海外で働く事を考えている高校生に大学へ進む事をお奨めします(・∀・)<イケ
LEOが大学へ行く事を奨めるのには2つの理由があります。

まず第一にビザの問題です(;・∀・)<メンドウ
海外で働くためには必ずビザが必要になります。
このビザを取得するために一部の国では最低学歴が大卒以上である必要があります。

第二に海外の求人では大卒以上の人材を募集しているケースがほとんどだからです。
日本でも「大卒以上」と明記して求人を出している企業が多くありますが、海外の求人ではその傾向がもっと強くなります。
全求人に対する大卒以上としている求人のパーセンテージは(日本の求人よりも)海外の求人の方が高いと思います(´・ω・`)<コウソツダメ


大卒という肩書きがなければ海外で働くというスタートラインから大きく出遅れてしまいます(;つД`)
逆に大卒という学歴を持っていばさまざま制約から解放され海外で働くという事に対して自由度が上がります!


足かせは少ない方が良いに決まっています( ̄▽ ̄)



なので是非とも大学へ行きましょう(≧∇≦)b



大学に関して1点LEOからのアドバイスがあります。
それは目指す学部についてです。
このブログを読んでいる高校生は理系であると思うので大丈夫だとは思うのですが、間違っても英文学科(?)のような英語を学問として学ぶような学部・学科に行かないでください。
翻訳家などを目指すなら別ですが、英語はあくまでもコミュニケーションの道具です。
英語ができれば海外で働く機会が多くなるというのはちょっと間違った発想です。


ちょっと想像してみてください。
今ここに英語が堪能なA君がいるとします。
A君は英語は堪能ですが、それ以外の専門的知識はありません。
次にタイの人材派遣会社で紹介している求人を見てください。

http://www.bangkokshuho.com/jobs/recruitment.aspx?recruiterid=28


さてA君にマッチする求人はあったでしょうか?
ほとんどないですよね。
なせでしょうか?
これはA君を雇う位なら英語のできるタイ人を雇えば済んでしまうからです( ; ゚Д゚)<タイジンヤスイ


英語ができるだけではダメな理由が分かってもらえましたか?


これから大学を目指す高校生は専門学部を選択してください。
専門学部・・・要は理系な学部ならどこでもOKなんです。


・情報工学
・電機電子学
・機械工学
・化学
・建築・土木学



将来海外で働く事を考えているのであれば英語を勉強するよりもこれらの専門知識を育てて行った方がに有利になるというを覚えておいてくださいね。








にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト

| 転職 | 00:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |