2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱりタイの卵は・・・

先日こちらの記事タイの卵でゆで卵を作ると殻が剥きにくいという事を書きましたが、しんさんからコメントを頂きました。


タイのゆで卵

ちょっと遅いレスですみません。
私もまったく同じ経験があります。
新鮮なほど剥けにくいといいますが、タイの卵って新鮮だとは思えないんですよね。 割ると黄身がダレ~っとしているし、製造日から10日以上経っているものでも一流スーパーの棚に並んでいるし。
日本のTVで観た卵の底に針のような穴を開ける方法が一番確実かと思います。(日本なら百均でも穴を開ける器具が売っていますが、BKKでは見かけたことはありません)
これでもタイの卵は剥きにくい時もあります。 こんど酢を試してみます。
話はそれますがタイの卵、割ると中に血の塊のようなものがよくはいっていますね。





同じ経験を持つ人が




イタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ヨ!!!




やっぱりLEOの勘違いではなかった模様( ̄▽ ̄)<ホラネ
LEOも高校を卒業してずっと一人暮らしをしてたので、新鮮な卵は剥きにくいというのは知っていました。
しかしタイの卵ってほんと何か違うんですよ!!

しんさんからコメント頂いた時同じ境遇の人がLEO以外にもいてなぜだかうれしくなりました(〃▽〃)

他にも同じ事を思っている人がもっといるはずです!!
このブログではそんな同じ境遇の人からのコメントを待っています(ノ´∀`*)


卵に詳しい理系へ

なぜタイの卵は剥きにくいのでしょうか?





P.S
しんさんが紹介している「卵に穴を開けて茹でる」というのをこちらに来て試した事があります。
包丁で卵の下をコツンと叩いて穴を開けて茹でてみました。



10分後・・・・




白身が飛び出したゆで卵が出来上がりました_| ̄|○




どうやら穴を大きく開けすぎたようです(;つД`)
タイでゆで卵作るのってほんと難しいですねw






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト

| 生活編@理系 | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT