2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

タイで働く理系は3Kか?

タイで働く理系に皆さんどのようなイメージを持ちますか?

日本においてIT業界は3Kと呼ばれ、とてもイメージの悪い業界となっています。

3Kとは?
・きつい
・きびしい
・帰れない


プロジェクトはいつもデスマーチ、、、そんなイメージでしょうか?
このような日本の職場環境が嫌になり、タイの会社へ転職する理系もいます。
彼らは、タイの会社へ転職して職場環境が改善されたのでしょうか?


タイへ転職してきたあるエンジニアAさんの場合

毎日遅くまで残業をして、月の残業時間が100時間を越えることも。
休日出勤は当たり前
唯一の救いは残業代が全額でること。
納期が短くいつも時間に追われており、常にバグに怯えている
帰宅時間が深夜のため、タクシーで帰ることもしばしば

これ完全3Kですねw

LEOの場合
残業代は支給されないが、そもそも残業がない
休日出勤は3ヶ月に1回くらい
基本定時退社
顧客と調整して納期に余裕をもたせている
帰宅後は夜の飲み屋へ繰り出し、お酒を飲みながら今後のプランを考える

かなりホワイトな感じするのではないでしょうか?
実際LEOは今の会社が働きやすく、大好きです。
多くの人はエンジニアAさんの会社に勤めたくなく、LEOの会社に勤めたいと思うのではないのでしょうか?


ここでネタばらしをすると、


Aさんの会社とLEOの会社は同じです



タイで働きたい理系へ
結局3Kになるかどうかは会社と人次第です。
LEOはこの業界に15年以上いますが、3Kの職場を経験したことがありません。
残業が100時間を越えた経験もありません。
タイでも十分ホワイトな理系として過ごせるかはあなた次第であることを心にとめておきましょう。






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



スポンサーサイト

| 転職 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |