PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

僕が後悔している事

僕は常に後悔のない人生を歩んでいるつもりだが、1つだけ後悔している事がある。
それは


ワーキングホリデーに行かなかった事


ワーホリというシステムに興味を持ったのは26歳の頃(・∀・)<ソンナノアルノ?
年齢的にも行こうと思えばいくらでも行けたのですが、結局タイミングを逃してしまい行く事ができませんでした
僕はワーホリでカナダに行きたいと思っていました。




なぜカナダなのか(?_?)





理由は英語が勉強できてスノボードができるからです(≧∇≦)b
ニュージーランド、オーストラリアでもできるじゃん!?
って思うかもしれませんが、カナダじゃないとダメだったんですよ。












だってカナダにはスノーボードの聖地ウィスラーがあるんだもん
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ









スノーボーダーとしてはやっぱ一生に一度は聖地で山篭りしたいですよね?

春先からバンクバーの語学学校に6ヶ月通って11月になったらウィスラーでスノボ三昧・・
これがが僕のカナダでのワーホリのプランでした。


しかしもしカナダにワーホリで行っていたら、僕はタイで働く事はなかったと思います。
おそらくワーホリ終了後にはカナダのIT会社に就職して一生カナダで過ごしていたと思うので・・・。
そう考えるともしワーホリに行っていたのならば、今のようにバービアのお姉ちゃんと楽しい時間を過ごす事ができんなかった訳ですから行かなくて正解だったのかな・・・・・・



と思うようにしています(笑)




海外就職を考えている理系へ

僕のように申請できない年齢になってから行かなかった事を後悔しないよう、ワーホリが申請できる年齢ならば海外就職の出発点として一度ワーホリに行ってみてはどうでしょうか?
行かなくて後悔する事はあっても、行って後悔する事はないと思います。
海外就職の起点、人生の休息ができるワーホリはとてもよいシステムだと思います(≧∇≦)b


↓のHPでワーホリの資料請求できますよ(・∀・)






オーストラリア
ニュージーランド
カナダ
韓国
フランス
ドイツ
イギリス
アイルランド
デンマーク
中華民国(台湾)
香港



↑は日本がワーホリの協定を結んでいる国です。
もしあなたがワーホリで行くならどこの国に行きたいですか?





ただワーホリに行くなら「ワーホリくずれ」にならないようちゃんと目的を持っていきましょうね。
「ワーホリくずれ」とかマジっぱねえっっす!!
スポンサーサイト






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



| 転職 | 00:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/01/28 15:19 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rikeiworktai.blog20.fc2.com/tb.php/130-20f1ac56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT