PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プーケット旅行記(ダイビング編)

今回僕はシミラン諸島というところでダイビングをしてきました(≧∇≦)b
そして初めてダイブクルーズというものに参加しました。
ダイブクルーズとは船で外洋まで行きそこで潜り倒しそのまま船で寝て、そして次の日ももぐり倒すというものです(・∀・)

↓こんなところで寝ます
(都合により一部モザイクをかけています)
20091219_1.jpg







初参加でしたが、いいですね!!
ダイブクルーズ(≧∇≦)b



時間を気にせずゆっくり潜れて本当に満足です。
シミラン諸島があるアンダマン海は今がハイシーズンなのですが
確かに透明度も魚も申し分ありませんでした(・∀・)<スゴイゾ!


タオ島でばっかり潜っていたLEOとしては見た事のない魚がいっぱいで感動しまくりです(;つД`)


というわけで写真をいくつか。



20091219_6.jpg
サンゴも綺麗だしー

20091219_5.jpg
魚もいっぱい!!

20091219_4.jpg
ウミウシかわいいw

20091219_3.jpg
フグはもっとかわいい(ノ´∀`*)

20091219_2.jpg
バゼハゼハゼハゼ!!!!

20091219_13.jpg
30mの深場にいるモンハナシャコ

20091219_12.jpg
透明度もばっちり!

20091219_11.jpg
カサゴこえぇー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

20091219_10.jpg
・・・・・・

20091219_9.jpg
アゴヒゲウツボっす(`・ω・´)シャキーン

20091219_8.jpg
名前なんだっけ?よくフィリピンでみたやつだ・・・・
フィリピンではこいつが市場に売られてたなぁ(*´∀`)アハハン♪

20091219_16.jpg
ナポレオンフィッシュだ(・∀・)


20091219_15.jpg
ミノカサゴの仲間ですな?
毒に注意注意っと(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

20091219_14.jpg
僕らのクルーズ船




シミラン諸島を潜っていくつか感じた事があるので書きたいと思います。

1.カレント
全体的にゆるいカレントの印象ですが、一部では非常に強いカレントがありました。
同じグループの女性は前に進むことができなかった位のカレントです。
岩陰に隠れるなどしてエアーの無駄に消費しないようにしましょう。


2.深度
どのポイントもかなり深いです!
40mとか普通にあるので、中性浮力はちゃんと取れるようにしておきましょう。


3.ダイコン

ダイビングショップはダイコンの使用を【強く勧める】と言ってましたが、僕から言わせれば
ダイコンを持っていないならばシミランは潜るべきではありません!!

危険すぎます!!
初日、僕は4本潜ったのですが、全てのダイビングで30mまで潜っています。
30mを4本も潜るのですから深度管理をちゃんとダイコンで行わないと減圧潜水になってしまいます。
事実、僕と同じグループの2人のダイバー&ガイドがDecoを光らせて減圧潜水になっていました




全ては自己管理(`・ω・´)




そんなダイビングでした。
ガイドが僕らに残圧を聞くような事もありませんし、水中もみんな自由行動!!
このようなダイビングは同じ所で長時間写真を撮りたい僕のようなフォト派には最高なのですが、
やはり危険も伴います(近くにバディがいないし・・・)

というわけでシミランを楽しむならAOW(アドバンス)以上のライセンスが必要かと思います。
ダイビングポイントのレベルは中の上ってところでしすかね・・・



最後に今回僕は2つの初体験をしました


1.他人のフィンでいきなりレギュレータがはずれた

まったーり泳いでたらいきなり


ごぼぉごぼぉ



白人女性のフィンが僕のレギュにあたって僕のレギュが吹っ飛んでいきましたw



2.窒素酔い
前日タイ人のガイドとビールやらウィスキーやら飲みすぎて二日酔いのままダイビングした結果

水深32mで窒素酔いw


まぁ本当に窒素酔いなのか、ただ単に前日の酔いが残っていただけか定かではありませんが、おそらく窒素酔いしてました。昔35mまで潜った時は全然大丈夫だったんだけどなぁ・・・・



20091219_17.jpg
みんなこんなトラブルちゃんと対応できるかお??




でもシミラン諸島は本当に綺麗で楽しかったので来年もまたシミラン諸島にこようと思います。
今度は3泊4日位のダイブクルーズでね!!





なんとバンコク行き航空券最安値は22700円(≧∇≦)b
会員登録するとお得な情報Getできます♪


色んな目的で↓のAIU海外保険は使えます♪
また気になる保険料も簡単に調べられますので心配な方は一度見ておくといいでしょう( ^▽^)




スポンサーサイト






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



| 南国 | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rikeiworktai.blog20.fc2.com/tb.php/135-7a811d49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT