PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

未成年に告ぐシリーズ(社会経験編)

現在理系な大学生で将来海外で働きたいと思っている人へ。
前回は学生である間に↓のような事するよう僕はお奨めしました。

・海外旅行して色々な国を見る
・基本的な専門知識を習得する


以上の事を守り&行動し続ければ大学3,4年生の頃には自分に合った国が見つかっている事でしょう(・∀・)<カイガイサイコウ
そして早く大学を卒業して海外で働きたいと思うかもしれません。

しかしここで重要な事があります。













新卒で海外就職しちゃダメ





















20091221_7.jpg
この人何を言ってるお・・


















20100401-1.jpg
やる夫は早く行きたいんだお








その焦る気持ちは分かりますが、ここはそれをぐっと堪えましょ。





20100401-2.jpg
うるさいお!すぐ海外行くお!








ちょっwwおちつけぇwwおまえwwww





Q.なぜ新卒で海外就職してはダメなのか?


A.それは社会経験がないからです。


社会経験がない新卒は即戦力として力不足なんです。
そもそも新卒は仕事の進め方が分かりません(´・ω・`)<ワカラナイ
前回も書きましたが学生で勉強した事と実務は違います。
ただでさえ海外で働くには言葉の壁があります(;・∀・)<ナニイッテルノ


言葉もよく分からない && 仕事の進め方も分からない
 ⇒ 使い物にならない・゚・(つД`)・゚・



この他にも新卒はビジネスマナーが身についていないという問題もあります。
一部の業界・職種ではこれが非常に重要です(`・ω・´)
これも社会に一度でも出ていれば自然と身についたり、先輩・会社から教えてもらえたりするものです。
まぁ正直なところ僕は、

・車の座り方
・名刺の渡し方
・メールの書き方

などのビジネスマナーを日本の会社では教わった経験はありません。
これは僕がIT業界の開発職であまり人に会わない職種だっただめなのかもしれませんが・・・。
何にしてもビジネスマナーは海外で求人している企業が日本人に期待するスキルである場合が多いです。



やはり日本である程度の就業経験は必須なのです( ̄▽ ̄)






Q.それじゃ何年日本で働けばいいのか?







A.3年以上







「若者はなぜ3年で辞めるのか」
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
(2006/09/15)
城 繁幸

商品詳細を見る



「若者はなぜ3年で辞めるのか」という本も出ていますが、
3年っていうのが色んな意味で良いタイミングだと思います。

他社からみれば3年間働き続けた人ならすぐ辞めるリスクは低いですし、一通りの仕事やビジネスマナーは身につけていると判断するでしょう(≧∇≦)b


一方の本人は

「ちょwwこの会社www結局年功序列かよwwwww」


「ちょwwこの会社www腐ってるwww」


「給料低っwww」


「ちょww仕事あきたwww」


なーんて会社に対する不満も高まり仕事のモチベーションが下がっている頃です。
あっ↑の事はLEOが実際に勤めていた日本の会社に思っていた不満ですwww



すぐに海外で働きたいという気持ちは分かりますが、



最低3年間日本で働いた後で海外に挑戦してみましょう!
スポンサーサイト






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



| 転職 | 00:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ま、そんなもんでしょうね

昔の上司が、
「3年たって一人前になれない奴は、何年たってもだめだ。」
って言ってました。全く同感。
逆にいえば、基本的なことなんて、3年あれば余裕で習得できるんで、優秀な人は3年も待つ必要も無いかもしれません。

ただし、労働許可証を得る条件に、「○年以上の実務経験」ってのがあったりする。
僕がタイに行った時は、「5年以上」だったと思います。
それを考えると、やっぱり、3~5年ぐらいは日本で働いてた方が良さそうですね。

| jh | 2010/04/05 12:48 | URL |

JHさん
毎度コメントありがとうございます。
やはり3年が一つの物差しになると思います。
実務経験については全くの同感です、丁度次回はその辺りの話です。

| LEO | 2010/04/07 13:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rikeiworktai.blog20.fc2.com/tb.php/178-7f18e1e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT