PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現地採用があこがれる駐在員?

今日は現地採用のあこがれ(?)駐在員の話です。

以前、駐在員に対する思いを書きました。
現地採用と駐在員

えぇ、昔は駐在員が嫌いでしたが
ナニカ(゚Д゚#)ゴルァ!!


ただ、最近では駐在員に対する印象も少し変わってきました。
昔はほとんどの駐在員が嫌いだったLEOでしたが、最近ではクズ駐在員:良い駐在員=7:3という印象です。
LEOの駐在員に対するポイントはタイに来た当初よりも多少アップしました。

このブログを読んでいる読者は主にタイでの現地採用を考えている理系だと思っています。
そんな読者の皆さんに、まずは駐在員登用について現実を知ってもらう必要があります。

現地採用から駐在員に格上げのような事は99.9%ないと思ってください。

もし駐在員になりたいのであれば、日本でタイ支社を持つ企業に転職するのが一番確実だと思います。
この場合、日本で数年経験を積んでからになる事が多いので、すぐにタイというのは難しいです。

ただ、99.9%と書いたように超ときどきですが現地採用の人が駐在員になるケースがあります。
実はLEOも以前に「本社採用にするから、駐在員にならないか?」と上司(駐在員)からお誘いを頂きました。

LEO「( ゚д゚)、ペッ」

駐在員の話断ってやりましたがwwwww

確かに提示された待遇は駐在員の方が良かったのですが、結局、お誘いはお断りさせて頂きました。


ただ、この話には続きがあって、その後駐在員以上の扱いを受けることになるのですが、それはまた別の機会にお話したいと思います。


この話を友人にしたところ、すごく驚かれました。
友人はタイに既に10年くらい駐在している駐在員なのですが、現地採用から駐在員になる人を見たのはLEOを入れて2人だけとのことでした。
それぐらいタイでは現地採用から駐在員になる確率は低いのです。

それでも駐在員を目指したいのであれば、それはそれで良い志しだと思います。
待遇面を考えると確かに駐在員を目指すことに一定の理解はできます。


でも目指すなら良い駐在を目指して欲しいですね(,,゚Д゚) ガンガレ!


駐在員には、クズ駐在員と良い駐在員の2種類がいます。
あっ、なんか適当な分類ですね・・・っていうか最初に書いてるwww(;´∀`)
もう少し定量的に書くと、年収1000万円貰っているような駐在員は良い駐在員が多いイメージです。

そもそも当初タイに来た時に、LEOの固定観念として駐在員は全員1000万円以上貰っているとLEOは思っていました。
実際、自社の駐在員も1500万円程度貰っていたので、それが当たり前だと思っていました。
ところがタイで数年過ごしてみると・・・・

年収1000万円いかない駐在員が意外に多いwww

30歳前にタイに来ている駐在員ほどそれは顕著です。
駐在員に対してもっと夢みたいなものを持っていたLEOは、なんだかすごくがっかりしました。
駐在員と言っても本当にピンキリです。
この事に気づいてから駐在員について特に何も感じなくなりました。

20091219_17.jpg

もう、どうもいいお

今回のような記事を書くと必ず、現地採用を下に見る(自称)駐在員が絡んできます。
それはそれでどうでもいいのですが、彼らは何か勘違いしているような気がします。

ここまで駐在員に対してすごい批判的な文章書いていますが、少なくとも駐在員は最低でも中の中以上の人間ではあるとは思っています。
なぜならば、それだけ日本で評価されて、期待されて抜擢されてきた人がほとんどだからです。
それがたまたま人種が違う、言葉も違う、能力も違う、賃金も違う、学歴も違う・・・・そんなタイ人を部下に持って、何か勘違いしてクズ駐在員になってしまうんでしょうね・・・

でも!もう一度言いますが、少なくとも駐在員に選ばれた人達は、中の中以上です!
しかし、そんな駐在員とは違い、LEO的には以前から印象も変わらない駐在員よりももっと最悪な下衆な人がタイにはいるのです・・・・

それは・・・もう分かりますね?


クズな駐在員へ(良い駐在員除く)
現地採用が全員、駐在員に憧れていると思うなよwww
スポンサーサイト






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



| 転職 | 10:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

現地で「外国人」として働いている人と、駐在員だとやっぱり意識も覚悟も違いますよね。
どっちがいいとかではなく、まったく別な分類になると私は思っています。

| 武蔵 | 2014/01/21 14:37 | URL |

Re: タイトルなし

> 現地で「外国人」として働いている人と、駐在員だとやっぱり意識も覚悟も違いますよね。
> どっちがいいとかではなく、まったく別な分類になると私は思っています。
そうですね。駐在員に関しては武蔵さんの言われる通り、最終的には「気にするだけ疲れる」別な分類になってしまいました。
タイに転職した時は右も左も知らず、駐在員を無駄に意識したのかもしれません。
ただ、タイでの生活が長くなるにつれそんな意識もなくなってしまいました。

武蔵さんのブログを拝見させて頂きましたが、非常に興味深いのでリンクを貼らせて頂きました。もし良ければ相互リンクを貼って頂ければと思います。

| LEO | 2014/01/21 23:00 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/02/03 15:48 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/05/13 09:43 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rikeiworktai.blog20.fc2.com/tb.php/256-b7250e4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT