PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LEOが観光案内したいTOP5

先日友人がタイに遊びに来ると言うことでバンコク近郊を案内してきました。
行き先は、バンコク観光の王道であるアユタヤとワットポーです。

実際にバンコクに住んでしまうとこれらの観光地にはほとんど行きません。
アユタヤはバックパッカーで5年前位に一度だけ行きましたが、ワットポーに至っては今回が初めてでした。









さて、これらの観光地行ってみた感想ですが・・・・・
LEOには向かないですね( ;´Д`)<アカン
やっぱり体を動かすスポーツではないと、LEOのテンションは上がりません。

一方の友人は、日本にいるときの趣味が城廻です。
アユタヤやワットポーについても予習しており、興味がないLEOにたくさん説明をしてくれました(´・_・`)
タイの歴史については6年間タイにいるLEOよりも、この友人の方が詳しいこと間違いなしです(;^_^A

最後はバイーヨークスカイから、バンコクをみました。
ここも初めて来ましたが絶景ですねバンコクの全てを見ることができます。



海外に住んでいると、知り合いから観光案内をお願いされることがよくあると思います。
やってみるとわかりますが自分の興味のない観光案内はとても疲れます。
これがもしLEOが興味のあるところだった全然違ったかもしれません。

そこで「LEOも喜んで案内する観光地TOP5」を紹介したいと思います(・ω・)ノ

第5位:パタヤ
言わずと知れた夜が滅法楽しいところ。でも実はダイビングやゴルフもできて昼間も楽しい!!
パタヤの海は流れが速く、透明度が悪いけど、慣れるとスポーツダイビングとしておもしろいです。
また、ラン島近辺は以外に透明度が良かったりします(水深浅いけど)。

第4位:クラビー
ピピ島が有名ですが、あえてライレイをオススメします。
ロッククライミングとして有名なこの地ですが、断崖絶壁に囲われたビーチでまったりするのはなかなか乙なものです。

第3位:クッド島
カンボジア近辺にある小さな島。未開拓地で大自然が残る島。
なんといってもホワイトサンドのビーチは誰もが感動する絶景です(≧∇≦)
インターネットにもあまり情報がなく、行くのに苦労しますが、やっぱりまた訪れたいと思わされる島です。

第2位:プーケット島
乾季には透明度がぐっとあがり、シミランクルーズなどが開催され、日本人ダイバーにも良く知られた島。
実は雨季もオススメです。
雨季には波が高くなりダイビングはできませんが、タイでは珍しくサーフィンができるようになります。
雨季時期のホテルはローシーズン価格で、むちゃくちゃ良いホテルが1000バーツ以下で泊まることができるのも高評価の理由の1つです。
夜の遊びも盛んで、バングラロードで一夜を明かすというのもありですね!

第1位:タオ島
はい、もうここ以外ありえませんε-(´∀`; )
ダイバーズヘブンと呼ばれるこの島は、本当にダイバーにとっては天国です。
3月~8月くらいが一番透明度もよく、またジンベイザメとの遭遇が高くなります。
イッテQにも紹介されたゴールデンウォールというキンセフエダイの大群が見れるのもこの島です。

以上、かなり偏った場所になりますが、LEOのオススメTOP5でした。

スポンサーサイト






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



| 生活編@理系 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rikeiworktai.blog20.fc2.com/tb.php/270-99713301

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT