PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイの運転免許を取得しよう

タイで働く理系になったら、絶対しておいた方が良いことがあります。
それは「タイの運転免許の取得」です( ・∀・)<ヤレ

LEOもタイに来た当初、すぐに運転免許書を作ったのですが、諸々の理由に先日再度新規に作成してきました。
今回LEOが利用した陸運局はスクンビットの陸運局です。
(ちなみに前回新規に作成した時はモーチットの陸運局でした)

スクンビットの陸運局での免許取得を紹介しようと思ったのですが、下記ウェブマガジンに詳しく書かれているのでどうやら紹介するまでもなさそうです。

タイの運転免許証を更新してきた
http://yindeed.asia/thai-menkyo

ポイントとなる点だけ書きます。

■健康診断書は簡単に取れる
BTSバンチャーク駅の出口にあるクリニックで1分で発行してくれます。
1分というの何もオーバーに書いているわけではなく、本当に1分で貰えます。
クリニックに入る

Medical Check(バイラップローンペーット)が欲しいと伝える

クリニックの人が書類にサイン

80THBしはらいサインされた書類をもらう



実際LEOもこのクリニックを利用したのですが、本当にあっという間でした。

■午前中は激混み
朝10時位に陸運局に到着したのですが、終わったのは14時過ぎでした。
午前中はとても混んでいるので、ウェブマガジンで紹介されている通り14時過ぎに来た方がストレスなく手続きが進められると思います。

■免許証は2種類ある
日本と違い、2輪と4輪の免許書は別々の免許証として発行されます。
どちらも乗る予定がある人は必ず2つ取得してしまいましょう。

■適正検査は合格するまでやれる
視野角度テストや距離感テストがあるのですが、これらのテストは合格するまでやらしてもらえます。
LEOも視野角度テストで1回失敗したのですが、他の受講者が合格した後、再度やらしてもらい無事OKをもらいました(;´Д`)
ちなみにタイ人の年配の方は、反応テストでこれでもかって言うくらい失敗していましたが、最終的には合格していました。

こんな人が本当に運転して良いでしょうか?(´・ω・`)<ホントウニイイノ
※反応テストは青→赤に変わった時にブレーキを踏むまでの時間を計測するテストです。



タイで働く理系へ
タイの運転免許証はホテルなどで身分証として使え、パスポートを持ち歩く必要がなくなるため非常に重宝します。
また最近では交通違反で捕まった場合に、有効期限内の免許証の提示を求められることもあるそうです。
(以前は有効期間の切れた免許証でも特に何も言われなかったのですが・・・)

無駄な揉め事に巻き込まれないよう、タイの免許証を取得しましょう!
スポンサーサイト






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



| 生活編@理系 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rikeiworktai.blog20.fc2.com/tb.php/281-afe7d950

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT