PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

進化していくバンコク

LEOはタイで働いて8年近くなりますが、最近のバンコクは8年前に比べるとだいぶ変わりました。



今では見慣れたスワンナプーム空港を出てタクシー乗り場。
3年前くらいからこのシステムになりましたが、昔はここにカウンターが5つくらいあって、女性スタッフに行き先を告げ、その紙をタクシードライバーに渡して利用していました。

完全にアナログ的なやり方でしたね(^ω^)

しかし今は女性スタッフから発券機に変わりました。
車種(セダン or ボックス)ごとに分かれているタッチパネルスクリーン式発券機のボタンを押すと配車番号が発券され、
その番号がかかれたレーン(タクシーが待機しているところ)へ行き、運転手に紙を渡し、行き先を告げて利用します。



タクシーが待機しているレーン

このシステムになってから、ほとんどタクシー待ちをすることがなくなりました。
※ただし、夕方の時間帯によっては行列できる可能性あり


モバイルネットワークの環境も変わりました。
8年前はi-Phone3がようやくタイで使われ始めた頃で、今に比べてスマートフォンはまったく普及していませんでした。
実際LEOもタイに来た当初は電話機能しかない携帯電話しか持っていませんでした。

しかし、ほとんどのタイ人がスマートフォンを持っています。
タイのモバイルネットワーク環境も整備され、4Gを使用することができ日本と遜色ない通信スピードでインターネットを試すことができます。

本当に便利になりました\(^o^)/


最後に電車網です。
BTSやMRTは現在も延線さており、線路網の成長は今も続いています。

最終的には↓こうなるらしいです。
http://gregtodiffer.com/wp-content/uploads/2013/07/Transit-Map.jpeg

完成するのはいつになるでしょうか・・・・おそらく誰も知りません(゚⊿゚)シラネ
LCCをよく利用するLEOとしてはドンムアン空港駅は早めに開線して欲しいですね♪

今後も進化していくバンコクを引き続き見守って行こうと思います。
スポンサーサイト






にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↑↓ランキングボタンをクリックお願いしますm(_ _)m



| 生活編@理系 | 10:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT